各種アレルギーの原因と治療法

アトピー性皮膚炎・アレルギー患者の腸内環境について

体には外部から侵入する異物を認識し、リンパ球が異物を攻撃する「免疫」が備わっています。腸は身体を守る免疫系の中でも最前線で働いている器官で、免疫細胞の60%が存在していると言われています。

腸で働く免疫機能のことを腸管免疫と言います。体に安全なものと、病原菌のように病原性のあるものを識別し、体を維持するために必要なものは分解、吸収しますが、有害なものは排泄するように働いています。

悪玉菌の増殖などによって腸管免疫が低下すると腸壁が損傷する事があり、損傷した場所から比較的分子量の大きなペプチドなど、通常吸収されるべきでない未消化物が血液中へ吸収されていきます。これらは栄養素として消費されず、体内に残る異物として免疫反応の対症となり、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎の原因になると考えられます。

悪玉菌でよく見られるものとして、クロストリジウム、大腸菌、などの細菌があります。その他に免疫力が低下した場合などはカンジタやサッカロミセスなどの真菌、酵母菌なども繁殖してしまいます。

アトピー性皮膚炎・アレルギー患者の腸内は、健康な人の腸内に比べビフィズス菌と乳酸菌が少なく、大腸菌、クロストリジウム、黄色ブドウ球菌が繁殖している例が多く見られます。このような腸内環境はそれぞれの症状に関連性があると考えられ、除菌治療による症状改善が大きく期待されています。