高濃度ビタミンC点滴治療

ガン治療における新たな選択肢

リオルダン博士

 ライナス・ポーリング博士により、ビタミンCによるガン治療の可能性が最初に提唱されたのは1970年代の事です。しかしこの説は当時、保守的な医学会から完全に否定されほとんど取り上げられることはありませんでした。*2005年、先駆的な医師により研究され続けてきたガン治療におけるビタミンCの有効性がアメリカ・カナダの医学誌に発表され、各メディアにもガン治療の新しい選択肢として大きく取り上げられました。従来の抗ガン剤治療による副作用、放射線治療による精神的・身体的消耗の激しさに対し、高濃度ビタミンC点滴療法は患者さんのQOL(生活の質)を落とすことのない治療法として注目されつつあります。

 

高濃度ビタミンC点滴療法

分子整合栄養医学が正当なものとして認識され始めた現在も、ビタミンCによるガン治療はさらに一歩先を行くものですが、アメリカでは既に1万人以上の医師がこの治療を開始し、その数は年々増えています。

 

マリヤ・クリニック ビタミンC点滴療法への取り組み

リオルダン博士

 私達が分子栄養学研究所主催の国際シンポジウムで、高濃度ビタミンC点滴療法の第一人者であるH・リヨルダン博士の講演を聞く機会を与えられたのは1999年のことです。常日頃ガン治療に対して課題を感じていた私達は直ぐにリオルダン博士に挨拶に向かい、パーティー中も隣の席で直接お話を伺う事ができました。副作用がほとんどなく、体に負担のかからないこの治療法は、正に私達が探していたものでした。

 マリヤ・クリニックでは2001年より、治療用ビタミンCを米国より輸入し、ガン患者さんへの点滴を行っています。未だ治験段階ですが現在まで多くの成果が上がっています。ビタミンC点滴を選択肢の一つとして、現在ガンに苦しんでいるより多くの患者さんへ提供できればと考えております。

高濃度ビタミンC点滴療法のご案内

mc.pdf

ガン治療におけるビタミンCの働き

・ビタミンCは大量に投与されると、細胞に強力なコラーゲンの膜を生成します。この膜がガン細胞を包み込むことにより、浸潤を抑制します。

・血液と共に運ばれたビタミンCは、代謝される過程で過酸化水素を発生します。正常細胞は過酸化水素を分解する酵素カタラーゼによって守られますが、ガン細胞はカタラーゼ活性が低いという特徴を持っています。よって発生した過酸化水素は他の正常細胞を傷つけることなく、ガン細胞のみを選択的に攻撃し、死滅させます。

正常細胞・がん細胞

・現在一般的に使われている他の抗ガン剤と違い、免疫細胞を活性化します。