本当にこの病気?

本当にこの病気ですか?

症状には必ず原因があります

左に上げられている病名は全て、現代医学では根本的な治療が難しいとされているものです。こういった病気に対し通常医療機関としては薬を用い、その症状のみを強制的に抑えるアプローチしか出来ていないと言っても過言ではありません。根本的な解決策は見つけ出せていないどころか、投薬の継続がさらに大きな問題を引き起こす可能性すら考えられます。

また、それが本当に「病気」なのかどうか、もう一度問い直す必要性すら感じている方も多いのではないでしょうか。

マリヤ・クリニックは開院以来一貫して「症状には原因があり、その原因を取り除けば病気は治る」という考え方で治療に取り組んできました。原因の究明こそが治療への第一歩なのです。

例えばその症状は

機能性低血糖症の症状かも知れません。

栄養バランスの乱れが原因かも知れません。

抗生物質の多用により腸内環境が悪化し、それが中枢神経に影響を与えているのかも知れません。

症状改善のきっかけは意外な部分から始まる事もあります。貧血改善からあらゆる症状が好転する方もいます。アレルギー体質の方は食事からある特定の食品を除いただけで、症状が見違えるように改善する場合もあります。腸内の善玉菌を増やすことで精神症状が改善される場合もあります。統合失調症に対するナイアシンの処方などは広く知られてきています。そして血糖値を安定させることで心身の健康を取り戻した例は既に多数見られています。

マリヤ・クリニックの取り組み

マリヤ・クリニックは既存のガイドラインに捉われずに治療を行ってきたため、時には保険機関や他の医療機関との摩擦が避けられない事もありました。現在は当たり前となったピロリ菌の検査ですら、マリヤ・クリニックが開始した1990年には保険適用が認められず、「いったい何のための検査だ?」と問い詰められる状況でした。ピロリ菌の除菌治療が保険適用になったのは2000年の事です。

機能性低血糖症の治療も日本においては長年孤軍奮闘状態で、精神科医からの非難は想像を超えて厳しいものでしたが、ここ数年で広く知られてきました。未だ少数ですが精神科医からの理解も得られ始め、他にも治療に取り組む医療機関が出てきたのは喜ばしい事です。後は保険診療が可能になる事を願うばかりです。

どんなに有能な医師・学者でも、人体の全てを解明する事は出来ません。また時代の変化に伴って患者さんの訴える病状やその原因も変化してきています。医療はマニュアル作業では成り立たないのは自明の理です。

マリヤ・クリニックが分子整合栄養医学を基盤に取り込んできた治療は、今でも代替医療として現代医学の本流からは切り離されています。しかし症状の原因を究明するためには、常に未知の分野へ踏み込んでいく必要性があります。一人でも多くの患者さんに正しい治療が施されるよう、マリヤ・クリニックはこれからも努力と研究を継続します。

 

お問合せはこちらから

お問合せフォーム

 

 

その他の治療に関する質問、新しい情報についてなども受け付けております。