腸の荒れはコミュニケーションを難しくする

腸内環境の悪化は発達障害の要因となります。発達障害といっても症状はそれぞれ違いますが、「コミュニケーションが苦手」ということは共通しています。「視線が合わない」「周囲にあまり興味を持たない」「強いこだわりがある」「言葉の遅れ」などの特徴がある子は、腸内環境をはじめ栄養不足がないかなどの検査を実施することで、見えてくることがあります。

当院では以下の検査を行い、全身の様々な状況を確認します。

  • 腸内環境や全身の代謝状況の確認 :OAT検査(カンジダ除菌治療の必要有無)

  • 脳をはじめとする全身のアレルギー反応 :IgG遅発型アレルギー検査(うつ症状、精神症状、神経症状の原因となる)

  • 乳製品と小麦のペプチド :ペプチド検査(ドーパミンの過剰分泌の要因)

  • 重金属の蓄積による影響の確認 :有害ミネラル検査

  • エネルギー不足による怒りっぽさ、貧血や栄養状態などの確認 :一般採血

 

>>> 発達障害と腸内環境はゆっくりと改善させる