発達障害と腸内環境はゆっくりと改善させる

脳のためには腸内環境の改善が重要ですが、

腸内環境はすぐには変わりません

 

理想は安定した胃腸の状態を保つことですが、胃腸の調子を安定させることは一筋縄ではいきません。自律神経、アレルギー、ホルモンバランスなど、様々なことが胃腸に影響を与えます。腸内細菌も善玉菌と悪玉菌が日々せめぎ合っています。そのため、根本改善には半年以上、場合によっては年単位の時間が必要になることもあります

 

腸内環境だけではなく、発達障害の症状自体の改善にも根気と時間が必要です。
子どもの脳は6歳ごろまでに90%が形成されます。この大切な時期に必要な栄養素を補い、脳に過剰な刺激を与える食品を控えることで脳は発達を遂げることができます。
いま脳に届いていない栄養素を至適量届けることができれば、思いもよらない大きな変化を起こすことが期待できます。

 

マリヤ・クリニックの発達障害治療は、医師と管理栄養士がご両親からしっかりお話しを伺い、お子さんの個体差を把握して個別のアドバイスを行います。発達障害の根本改善を願う全ての方を、私たちは応援します。

 

>>> 発達障害の原因として考えられる素因