発達障害と腸内環境

当院では、「発達障害」と「腸内環境」が深くかかわっていることに注目しています。

 

腸が悪い → 脳に悪影響


このつながりについて、あまりピンとこない方が多いかもしれません。
ただし、当院で発達障害治療を進めるためには、発達障害と腸内環境がどのようにかかわっているかを理解していただくことが、とても重要であると考えています。

腸内環境が悪いと、なぜ脳の成長と発達に悪影響を与えるのでしょうか。一緒に学んでゆきましょう。

 

腸と脳のつながり

 

腸内環境とは、お腹に住む「善玉菌」と「悪玉菌」のバランスのことを言います。

  • 善玉菌 = 良い細菌
    消化を助けて免疫力を上げるなどの役割

  • 悪玉菌 = 悪い細菌
    きちんと消化できなかった食べ物を腐敗させ、有害物質を生みだす。有害物質が腸壁から吸収されると、身体への様々な悪影響がある。

理想的な腸内環境は・・・
善玉菌:悪玉菌=2:1

これよりも悪玉菌が多くなると「腸内環境が悪い」と言われる状態です。
腸内環境が悪いと、カビ(カンジダ菌など)が増殖して、神経伝達物質のバランスを乱します。

神経伝達物質とは、脳の機能である、心と感情のコントロールに深く関与している物質のことです。
神経伝達物質は、興奮系(ドーパミンアドレナリンなど)と抑制系(GABA)に分類され、これを調節するのがセロトニンです。

 

腸にカビが増えることの危険性

 

腸内環境が悪くなるとカビ(カンジダ菌など)が増えやすくなります。カンジダ菌は常在菌といってヒトと共生している菌なので、カンジダ菌が腸に住んでいること自体は悪いことではありません。ただし、増えすぎたカンジダ菌は悪玉菌のように身体への様々な悪影響を与えます。

また、カンジダ菌が増えると脳が興奮しやすくなります。当院では、それが発達に悪影響を及ぼすと考えています。カンジダ菌が脳を興奮させるしくみは複数考えられております。

 

>>> カンジダ菌が脳を興奮させるしくみ