症例

サンプル1. (無反応性の慢性疲労患者)

29歳男性。10代からの症状。極度の眠気と疲れやすさ。 

WBC 3500 RBC 504 Hb 14.9 Ht 47.40%
MCV 94 MCH 29.6 MCHC 31.40% 血小板
TP 7.9 ALB 4.7 GOT 18 GPT 19
ALP AMY T-cho 207 HDL-cho 54.4
β-Lp 380 T-G UA BUN
CREA Fe 137 フェリチン 222 HbA1c

実線(血糖値1)は、治療開始前ですが糖負荷後反応が出ていません。インスリンの分泌も通常より低いのですが、血糖値は正常範囲内で、曲線は平坦です。患者さんは10代頃から体調が悪く、いつも眠く(特に昼食後)、だるかったそうです。食後の眠気が患者さんの主な症状です。

栄養療法前の血糖曲線は無反応性血糖曲線です。この曲線では1時間後のインスリン値の上昇より、大きな山は1時間前後に1つ、120分でもう1つあると思われますが、血糖値の上昇下降が急速に行われているため30分ごとの測定では捉えられません。

低血糖状態では、アドレナリンの作用で脳の血管が収縮し、栄養が不十分となる上、ブドウ糖を生命維持のため自律神経の中枢に優先的に供給するため、大脳皮質の血糖値は一層低くなりそれが眠気をおこしたと考えられます。

インスリン値は正常範囲内ですから、この患者さんはインスリンの効きが良すぎる体質で、通常のインスリンの量でも血糖値の下降が急激に行われてしまうものと考えられます。またこの患者さんは頑固な便秘で7日間も排泄しないことがあったそうですが、低血糖では交感神経刺激となるため腸の蠕動運動は低下し、便秘をおこす一因ともなります。副交感神経は腸の蠕動運動をうながしますので、深呼吸をしたり、腹筋を強くしたり、副交感神経の神経伝達物質であるアセチルコリンのもとであるレシチンを摂ることは良いことです。

治療としてビタミンCを1日に6g投与し、その2ヶ月後にはカルシウムとマグネシウムを増やし、さらに2ケ月後の糖負荷試験では反応性低血糖症(血糖値2)となっています。インスリン分泌も改善しています。本人もこのころより体調が良くなったと言っています。

栄養療法後、無反応から反応が出た事が進歩の一つでした。負荷後、30分でのインスリンの上昇が見られず、最高値が負荷後1時間となっています。このような、インスリン分泌の遅れや初期のインスリン分泌の欠損は、糖尿病家族にも見られ、遺伝的体質が考えられます。