代替医療が広まった理由

「代替医療とは」

代替医療とは、「通常医療の代わりに用いられる医療」という意味で、一つの病気を治すために従来の薬物療法などに限らず、栄養療法、カウンセリング(精神療法)、理学療法など、今までの治療に替わる方法を用いて積極的に病気を治す方法を言います。最先端の医学的治療法も、通常医学の代わりとしては、代替療法に入ってしまうかもしれませんが、普通はそのようには取り扱いません。

A.伝統医療

 漢方、鍼灸、気功、ヨガなど 

B.栄養・食事・自然療法

 健康食品、食事療法、絶食療法、ハーブ療法、養生法、

 アロマテラピーなど、

C.加圧・ボディワーク・運動療法

 指圧、整体、太極拳、カイロプラクティックなど、

D.心理・趣味・環境療法

 音楽療法、催眠療法、カウンセリング、イメージ療法、笑い療法、

 現実療法など

E.その他

 スピリチャアル・ヒーリング、神癒、いろいろな学び、などあります。