各種アレルギーの原因と治療法

検査について

国内でも便検査により、酵母菌の有無を調べる事が出来ます。しかしこれはあくまで便中の菌を調べるもので、腸内や腸壁の状態に関しては詳細なデータを得る事はできないと当院は考えております。そのため便検査が陰性であっても、腸内細菌が原因と思われる症状をお持ちの患者さんへ以下の検査をお勧めしています。

 

ペプチド検査

酵母菌やカンジダなどの真菌は腸内環境を悪化させ、腸壁を損傷する原因となります。そして損傷した腸壁から、ペプチドなど大きな分子である未消化物が血液中へ吸収されていきます。これが食物アレルギーを誘発する原因となり、また脳内に到達しオピオイド受容体と結びつくと脳の興奮を引き起こす原因になると考えられています。

麦や乳製品から生じるペプチドは共に分子量が約500以下と小さく、腸管から血中へと移行し、脳内に到達すると考えられています。これらのペプチドは分子構造がヘロインやモルヒネと類似し、脳の鎮静受容体と反応します。結果GABAの働きを抑制し、ドーパミンの分泌を促す他、側頭葉のような、言語や聴覚の機能をつかさどる部分に反応することが知られています。

この検査はペプチドが腸内から血液中に移行していないかどうかを調べます。グリアドルフィン(麦)、カソモルフィン(乳製品)に強く反応した場合、それぞれ小麦粉・乳製品を使用した製品を食事から控えていただき、しばらく体調に変化がないか見ていただきます。

 

OAT(有機酸テスト)

この検査は尿中の有機酸合成物、およびその他の代謝物質の量とバランスをみることで、身体の代謝機能に異常がないかを調べる検査です。

体内では各代謝過程の副産物として、様々な有機酸合成物などが生成され、尿中に排泄されます。しかし腸壁に損傷がある場合や、自閉症患者、広汎性発達障害者、先天的酵素欠損の体質の方などは、検出される有機酸合成物にも異常が多く見られます。

酵母菌や他の腸内細菌は栄養を摂取し、副産物として様々な有機酸合成物などが生成しています。酵母菌などが異常に増殖していると、通常みられない有機酸が基準値を超えて尿中に排泄される場合がありますので、この検査によって菌の存在とその種類を推測することができます。

また排泄された有機酸合成物の量やバランスで、神経系機能、ビタミン活用、エネルギー代謝、ホルモン活用、筋機能の状態を把握する事ができます。